ボヤログ

インフィニティフォース7話感想、並行世界の笑は何故死ぬのか

最終更新
2017-11-15(水) 23:21:41
筆者
boyakin
Infini-T Force
第7話
INSANE FATHER

先週のラストに出てきたコピーヒーローとの対決は、うーん、まあボチボチ。
コピー元と別の技を使うっていうのはちょっと捻った感じだけど、別にそこは求めてないっていうかね…。
映像は良くできてたと思うけど、同時進行する笑とZの話の方が気になってしまった。
先週の引きで期待させた割に盛り上がった感じはない、残念。

それとZの目的、あれがそのまま真実だったらラスボスとしてはちょっと動機が薄く感じる。

というか、並行世界の笑が必ず死ぬっていう目下最大の謎が出てきた感。
作中の説明にもあるように分岐の世界なのだから、笑が死ぬ分岐と同時に、笑が死なない分岐もあるはず。
なのに死ぬっていうのは、笑を殺して回ってる誰かがいるのでは…?

まあそれを実行する能力があって、かつ笑に執着がある誰かっていうと、やっぱりZになるんですけどね。
というわけで、

ZvsZ説

並行世界ネタだと同一人物ってド定番ですし、「ZvsZ」みたいな展開はあると思う。
笑を助けようとする善玉Zと、殺そうとする悪玉Z、みたいな。

悪玉が仮にいるとして、笑を殺そうとする理由をテキトーに考えると「自分の世界の笑が死んだから他の笑も全部殺す」とかでしょうか。
他の作品だと「ノエイン もうひとりの君へ」がこんな感じの展開でした。
懐かしい。

まあ当然、いい加減な妄想ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。