ボヤログ

メガロボクスつながりであしたのジョーの好きなキャラとか

最終更新
2018-04-21(土) 19:03:52
筆者
boyakin

あしたのジョー連載50周年で製作された、2018春アニメ期待作「メガロボクス」。
そのつながりであしたのジョーの好きなキャラのこととか適当にチラホラッと書いてみる。
とりあえずジョーとか力石とか、今更なのはスルーで。

デカくて小さい男マンモス西

あしたのジョーと言えばこいつ、ジョーの友人的な巨漢のハングリーボーイ。
ボクサーとしてはダメだったけど、結婚して商売も軌道に乗ってと、なんだかんだで成功したのが印象的。
ジョーと似たようなところからスタートして、立派に小さくまとまった対照的な男。

メガロボクスでは3話にポチョムキン東っていう似た感じのキャラが登場。
が、どうにもチンピラ的なチョイキャラで終わりそう。
惜しいね。

噛ませ犬なのにウルフ金串

ウルフ金串と言えばあしたのジョー随一の噛ませ犬キャラ。
大手ジムの金の卵的な感じでイキリにイキった挙句、ド派手にジョーの踏み台になったかわいい男。
その後の落ちぶれっぷりも見事の一言。
栄光と挫折を一人で体現してる生き様がなんともいえない。
同じく栄光の座から転落したカーロスと比べての、人間としての小ささが良い、かわいい。

メガロボクスでは4話に出てくるらしいシャーク鮫島っていうなんかもう、名前からして噛ませっぽい奴がポストウルフとにらんでる。
ぜひ頑張ってほしい。

金持ちの白木葉子

絵にかいたような金持ちの女。
飢えた野獣のごときボクサー野郎共を飼いならして牙を抜こうとしてくる、西にとってのうどんのような存在だと個人的に思ってる。

結構嫌われてるイメージだけど、なんだかんだでこのキャラがいるからジョーっていう気がする。
愛とか恋とか先の事とか、そういう明るめな誘惑を打っちゃって、訳の分からない闘争に突き進むというか、そういう所もあしたのジョーのロマンかなって思うので。

メガロボクスにも1話から登場、この先どんなことをやらかしてくれるのか凄く期待してる。

他にもいろんなキャラが出てくるけど、この3人があしたのジョーの中で印象深い。
まあ大体そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。