ボヤログ

なんとなくアニメ紹介、ヤクザ系3作品「ガングレイヴ」「ミチコとハッチン」「TEXHNOLYZE」

最終更新
2018-01-07(日) 22:06:41
筆者
boyakin

唐突にアニメ紹介。
いぬやしきのヤクザ回でなんとなくヤクザ・マフィア系を3作ぶち込む。

ガングレイヴ

ガングレイヴ
監督
都留稔幸
脚本
黒田洋介
制作
マッドハウス

マフィアの中でのし上がろうとする男達の野望と友情の物語。
キツイ感じの描写は少なめながらもなかなかのマフィア感。
途中でマッチョゾンビ相手に立ち回るダークヒーロー物になって困惑するけど。

ミチコとハッチン

ミチコとハッチン
監督
山本沙代
脚本
宇治田隆史
制作
マングローブ

面識のなかった母子が行方知れずの父を追うロードムービー。
母は凶悪脱獄犯、父もマフィア絡みで道中なんやかやという感じ。
命を軽く扱うマフィア描写のエグみが効いてる。

TEXHNOLYZE

TEXHNOLYZE
監督
浜崎博嗣
構成
小中千昭
制作
マッドハウス

サイボーグ系SFヤクザ物。
ディストピアの掃き溜めで巻き起こる反社会勢力の抗争と崩壊、みたいなやつ。
ヤクザ・チーマー・宗教団体の3つ巴の抗争展開は秀逸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。