ボヤログ

よくわからないアニメ「天使のたまご」

最終更新
2018-05-28(月) 21:22:13
天使のたまご
監督
押井守
キャラクターデザイン
天野喜孝
制作
スタジオディーン
時間
71分

天使の卵は押井守監督の何だかよく分からないアニメ。
映画の「イノセンス」が公開されたころにDVDをレンタルして見たけどストーリーとかはさっぱり分からず、難解。
とにかくストーリー重視でアニメを見るって人だとハードルが高そう。
ごろごろ転がってる解説サイトとか読んでみれば「ホホーン、なるほどね」みたいな納得感は得られるけども…。

個人的な印象としては、アニメ映画というより音楽PVに近い雰囲気。
「長編で音楽主体じゃないNHKみんなのうた」みたいな感じ。
ストーリーは全然、「ほえぇ~」みたいな状態だけど、そういう見かたなら割と好きな作品。

キャラクターデザインをFFシリーズで著名な天野喜孝氏がやってたりして、昔のハードでダークファンタジーなデザインとか映像の雰囲気が気に入る人なら楽しめるかもしれない。
非常にダウナーな内容で1時間以上もあるっていうのが見ていて一番きついところ。
とかまあ、大体そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。