ボヤログ

グランクレスト戦記最終話感想とか総括

最終更新
2018-12-23(日) 20:24:32
グランクレスト戦記
第24話
皇帝聖印
シナリオ
中本宗応
絵コンテ
畠山守
演出
  • 木村延景
  • 畠山守

感想

うーん、まあ、普通。
思わせぶりに出てきた混沌の正体が、ロードス島戦記のボスと大体同じでちょっと醒めたのが痛かった。
そこ以外はすっきり終わったと思う。

最終話だけあって絵は綺麗だった。

全体の総括的な

展開は嫌いじゃなかったけど、話数の割にあまり盛り上がるポイントは多くなかった印象。
あと全体的に話の進みがカッ飛んでたような気がする。
実際に話が飛んでるのか理解力が足りないのか分からないけど、「いつの間に…」って感じで気づいたら話が進んでる事がちょいちょいあった。
原作小説が10巻もあるらしいので、それを2クールに一括で納めた弊害もありそう。

好きなキャラとかも、改めて考えると特にいない。
嫌いなキャラなら何人かいるんだけどね。

話はともかくとして、戦闘シーンはなかなか良かった、特に後半の各種ボス戦。
絵がちょっとノペッとした感じになるけど、ダイナミックな動きで迫力がある戦闘シーンは良い感じ。
他にも戦記物らしい大規模な集団戦が、野戦から攻城戦、海戦まで色々あったのは面白かった。

大体そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。