ボヤログ

最近のSAOアリシゼーションの感想とか

最終更新
2018-12-02(日) 21:47:44

とにもかくにも、やたらゆっくりじっくり進んでる学園ファンタジー路線ですよ。
これ一体何がやりたいんだろうかっていう疑問がふつふつ。

SAOはやっぱりSF系が売りだと個人的に思ってたので、今やってる内容だと正直あんまり楽しめてない。
そのうえスピード感があまりにも無いというかね…。
丁寧に進行してるって事ではあるんだろうけど、その割には間のディテールがいまいち感じ取れない。
個人的には薄味マイルド感。

何故ゆっくりなのか

ちょっと考えたのは、現実世界とVR世界で相当なタイムラグがあるらしいので、そこら辺をドラマチックに表現するための浦島太郎的な展開があるっていうやつ。
どれくらいスケールが違うのか分からないけど、リアルキリトさんが回復するまでの数週間でVRキリトさんは100歳とかになってて、いざ起きたら「うわー」みたいな。
うーん、ないかな…。

とりあえずもうすぐ1クール目の終盤だから、あと2~3話くらいで何か変化があるタイミングだと思う。
そこら辺に期待している。

個人的なSAOアリシゼーションの楽しみ方

今の所は大筋と関係なさそうな所で勝手に想像して退屈を紛らわす感じで見てる。

今週だと「思いを乗せて強くなる」とかって辺りで、AIの成長を促進する仕組みなのかなー、とか。
明文化されてないルール外の倫理的なものに目覚めそうなAIが何かあるのかなー、とか。
あと、NPC勢は禁欲的なイメージがあったけど、貴族系の人らが結構ゲスかったりするのも気になりポイント。

あんまり「何でだろー」って考え始めると疲れちゃうので解説役が欲しくなる。
そんなわけで、現実世界の状況もそろそろ混ぜてほしいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。