ボヤログ

いぬやしき9話感想、虐殺はじまる…

最終更新
2018-01-07(日) 22:04:52
いぬやしき
第九話
「新宿の人たち」

ついに獅子神が虐殺を開始。
当然ながら渡辺家には受け入れられずですが、それをイマイチ理解できてない辺りやっぱズレてるなあ。

でまあ、そこら辺をどう受け止めたのか知らないけど遠隔ハイジャックからの飛行機テロに走ると…。
流れ的に都庁に当てるのかなって思ったけど変なとこから煙が出て、おやおやーって感じでフィニッシュ。

それにしても犬屋敷・直行組がいい加減に後手後手過ぎて、もっと上手くやれないのかともどかしくなる。
警察と連携して直接対決のお膳立てをしてもらうっていうのは出来ないものか。
ロボ化してるのがバレるのが怖いのかもしれないけど、せめて匿名で情報提供とかしたらいいのに。

スマホ射撃の正体

個人的にイマイチ合点がいかなかった獅子神のモニター越しの遠隔射撃。
獅子神の銃撃がスマホ経由ってあたりで、スピーカーから衝撃波か何かを発射してるのかなとか思った。

街頭モニターも音出てるからスピーカーついてるし、割とありそうな気がする。
照準もスピーカーをマイク代わりに音を拾ってで何とかなりそう。

精度もパワーも足りない気がするけど、そこら辺は宇宙パワーってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。