ボヤログ

いぬやしき10話感想

最終更新
2018-01-07(日) 22:04:41
いぬやしき
第十話
「東京の人たち」

感想

とりあえずまあ、獅子神あっけなく撃沈されたなあ、と。
犬屋敷と獅子神の対決はずっと期待してたんだけど思ったよりサクッと片付いた印象。
けど素人同士の喧嘩な雰囲気が生々しい感じで良かったとは思う。
OPにもなってたビルの合間を縫っての空中戦も熱い展開。
背景のCGがちょい安っぽかったのが玉に瑕。

戦闘モードに移行してからとの戦い方のギャップは、モロに本性が出ちゃった感じなのかな。
犬屋敷も獅子神も結局は機械ボディから逃れられないってことなのかと思うとなんとも…。
人間の心を持ったまま兵器の身体で生きてくとか、やっぱりエグイ展開。

とりあえず来週の11話で終わりみたいだけど、これは最後どうなるんだろうか。
ラストでボロボロの獅子神が復活しそうだったからもう一戦やる感じ…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。