ボヤログ

ここで水着かい…、ダーリンインザフランキス7話感想

最終更新
2018-02-27(火) 20:14:57
筆者
boyakin
ダーリン・イン・ザ・フランキス
第7話
流星モラトリアム

感想

水着回。
やっぱりダリフラはちょっとエロ味が強いなあ。

まあそれは置いといて、男子3人が女子を見ながらしてた会話って結構重要な気がした。
「俺だって男だぞ」とか言いながら女子に興味津々で、男女の関わり方に理解がありそう。
その割に出産関係の本が出てきた所ではココロちゃんがよくわかって無さそうな感じも出てる。
鳥かご環境でいびつな教育されてるのが見て取れる。

コドモはいわゆる試験管ベビーだろうから、自然な形で子供作ったりとかその辺の知識は必要ないってことかな。
むしろオトナ的には管理する上では邪魔判定が出ててもおかしくない。

探検中にゴローが言った「パートナー以上」の関係、まあ恋人関係か。
それってコドモの優先順位のトップにオトナを置いてオトナのために戦わせ続けるには余計な感覚。
そういう方面に発展しかねない余計な情報は、そりゃあ教えるわけがない。

で、今回の話でそこら辺りの情報をゲットしてしまった。
オトナ的には面白くない訳でトラブルに発展するかな。
やっぱり決別コース。

あとコドモだけで都合のいい場所にバカンス行かせたっていう所は作為的な臭いがした。
上役も訝し気だったし、オトナ勢力内で策謀の予感。
どうなるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。