ボヤログ

ついに脱落者が…、BEATLESS14話感想

最終更新
2018-05-05(土) 20:16:51
筆者
boyakin
BEATLESS
#14
Answer for Survive
脚本
雑破業
コンテ
井畑翔太
演出
井畑翔太

ドン詰まったAIが最後にとった行動が…

なんやかんや色々あって完全に詰みに入ってどうしようもない紅霞が、「最後に沢山の人の記憶に残ろう」みたいな事をやってしまうという衝撃展開。
一見とてもAIとは思えないような人間ライクで乙女チックな行動。
なんだけど、裏では「ほほーん」となる思惑があったりして、そういう所はグッとくるものがあった。
これが後々効いてくるのか、ここだけの小ネタで終わるのか、今後ちょこっと注視したい。

というわけでまあ、今週で紅霞が退場。
全然好きでもなかった、というか出てくる度に「ええぇ…」みたいなこと思ってたけど、散りざまはなかなか見事だったと思う。
ラストを彩るバトルシーンもBEATLESS史上では割と改心の出来。
バトル入るとこのBGMは正直言ってちょっと笑ったけども。

終盤ようやく上がり調子な雰囲気だけど

BEATLESS正直微妙だなって思ってたけど、終盤に入って思った以上に盛り上がってきてる。
メインに近いキャラが退場して物語が核心に迫ってく感じがいいですね。

でまあ、盛り上がってる所なのに総集編が入ってスカされるのがBEATLESSの悪い所。
というわけで来週は3度目の総集編だそうです。
2クールとはいえ総集編3回は流石に多すぎる。
ここだけはホントに勘弁してほしい。

まあこれで最後だと思うので、後は止まらずに決着つくまで行くかな。
ダラダラとだけどここまで見てきたので、どういうオチがつくのか期待してる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。