ボヤログ

ダーリンインザフランキス最終話感想

最終更新
2018-07-09(月) 21:43:37
筆者
boyakin
ダーリン・イン・ザ・フランキス
第24話
わたしを離さないで

感想

個人的にあんまり盛り上がらなかったというか、調和がとれてたというか、そんな感じの最終話。
朗らかな感じで熱さもさほど感じず、感動というほどの感動もなく…。

地球に残った連中のその後が見られたのは良かった。

全体の総括的な

序盤・中盤と結構わくわくする場面があったし、終盤に差し掛かるあたりとかかなりテンション上がってたような気がする。
ただ、肝心の最終盤に至ってパロディが過剰に感じるようになったというか、そこら辺で盛り下がった感じ。
パロディネタが嫌いという訳じゃないけど、「新作のオリジナルロボットアニメ」を期待してた身としては、肝心なオチところで新鮮味に欠けたなっていう印象。

絵は綺麗だし、話がヘンテコってわけでもないし、出来が悪いってことは無い、と思う。
そういう訳で、普段ロボ物をあまり見ない人が見てみるにはいいのかも。
単純にキャラが可愛いし、話も分かりやすく、小難しいSFもそんなにないので見やすそうだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。