ボヤログ

驚愕の3D技術、オーバーロードⅢ11話感想

最終更新
2018-09-20(木) 00:03:43
オーバーロードⅢ
第11話
「もう一つの戦い」

感想

とりあえず面白かったかどうかとか、そこら辺は脇に置いておくとして…。

先週ラストで開戦ムードをムンムンに出して気分を盛り上げた所で、肩すかし的にカルネ村編を挿入してくるのがホントに謎。
オバロが焦らしすぎるのは毎度の事だけど、今回の展開は流石に結構がっくりきた。
今週の内容だったら、後で「実は…」ってやれば良かったんじゃないのかって、この先が早く見たい素人的には思ってしまう。

まあ、流れ切り気味に突っ込んできた訳だから重要な話なんでしょう。
安直に考えるなら、今回急激に増強されたカルネ村勢力がこの後効いてくるって感じかな。
伏線なら匂わすくらいの方が個人的には好みだけども。

とりあえず村勢があえて逃がした第一王子をナザリック勢がキルしてるので、村と王国との間の離反工作が進行中っぽい所は割とワクワクポイント。
王子の死亡自体もそこそこの事件、王国内の派閥争いに一石って感じ。
この先一体どうなってしまうのか!

驚愕の3D技術

内容とはあんまり関係ないけど、今週の3Dクオリティがちょっと信じられないレベルで笑ってしまった。
特にモーションが操り人形というか、初期のプレステ並というか…。
出自がゲームアイテムのゴブリン軍団なら「ゲームっぽさ」の演出と取れなくもないけど、王国兵の方は流石にちょっと厳しい。
クライマックスに向けて予算とかマンパワーとか色々溜めてるんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。