ボヤログ

なんか違う…、オーバーロードⅢ最終話とかもろもろ感想

最終更新
2018-10-03(水) 21:13:54
オーバーロードⅢ
第13話
「PVP」

感想

うーん、正直に言うと、微妙…。
ガゼフ戦はまあちょっとよかったけど、個人的にはそれだけ。
放送前から原作既読の方が推してるのを見かけてたので、結構期待してたんですけども。
全体通してなんか違うなっていう印象がぬぐえない。

主人公アインズの変遷とか

一番違うなって感じるのはやっぱり主人公。
1期は3枚目だけどちょっとダークヒーロー的な面もあって良いキャラだと思ってた。
それが2期3期ときてほぼダークサイドに堕ちたように見える。
それはそれで別に悪いとは言わないけど、モノが変わったなっていう印象は受ける。

まあ実際のところ、作中のモモンのキャラ自体は特に変化してない、むしろ一貫してるような気もする。
3期ではメインの相手がゲロ冒険者とかガゼフとか善玉風だったから邪悪さが強調されて見えてくるけど、1期から結構やりたい放題だったような記憶もある。
1期ラストのシャルティア戦とか付いてきた冒険者を始末してたし。

結局は見え方というか見せ方というか、その辺の違いなのかな…。

戦いの構図の変化

とりあえず1期は「弱者を虐げる悪を、更なる巨悪がぶっ潰す」みたいな感じだった。
村人を守ろうとするガゼフを倒そうとするニグン。
大規模テロを起こそうとするネクロマンサーとクレマンティーヌ。
そんな感じのパッと見で分かる悪っぽい連中を、ちょっと間抜けだけどすごいパワーのナザリック勢がぶっ潰すっていう感じ。
個人的に結構カタルシスを感じるシチュエーション。

2期に入っても、まあ善良なリザードマンを虐めたりもしたけど、王国に巣食うマフィア組織を潰したりもしてるので一応1期の流れを踏襲してる気がする。
最後が思いっきり茶番で拍子抜けだったけど。

で、3期は別に悪役ってほどでもない冒険者とか怯える一般兵を相手に一方的な虐殺。
ここまでくると「弱者を虐げる悪」のポジションにナザリック勢が入ってきちゃう。
しかもどうしようもなく理不尽なレベルで強い。

なんというか、ただ単に圧倒的に強い悪役を見せられても別に面白くないっていうのが正直な感想。
映像的に特別なものがあった訳でも無かったし、うーん、ってなる…。

結局何が言いたいのか

オバロ3期自体が面白くなかったとまでは言わないけど、1期に釣られて見続けてきた一視聴者としては、3期は求めていたものではなかった。
まあ、大体そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。